『歴史と文化18号』(栃木県歴史文化研究会[編])

0918-6123-18

歴史と文化18号

(0918-6123-18)

 

栃木県歴史文化研究会[編]

研究論文、渡辺尚志「近世・近代移行期の村をどうとらえるか」、齋藤悦正「上近世中期村の由緒・秩序と「浪人百姓」の動向」、龍澤潤「野沢信元の行動とその背景」、中谷正克「栃木県の砥石と砥石業経営」、磯島康「近世前期における地方神社の成立と神職の動向」、柏村祐司「塚田泰三郎 民芸・民俗の世界」などを収録。

 

(B5判/116頁/本体価格:2000円)

在庫状態 : 在庫有り
¥2,000(税別)
数量