『原風景文集[第2巻 野の篇]』(立松和平)

4-938640-65-1

原風景文集[第2巻 野の篇]

(4-938640-65-1)

第2巻 野の篇

立松和平

行動派作家立松和平が生まれ育った栃木県の風景、風土をあたたかい目で描いたふるさとエッセイ集。第2巻野の篇。各巻の付録のしおりに著者と交遊のある作家、評論家、編集者の寄稿を収録。

四六判/304頁/定価 本体1800円+税

在庫状態 : 在庫有り
¥1,800(税別)
数量

関連商品

  • 4-938640-67-8

    原風景文集[第3巻 時の篇]

    生野銀山から足尾銅山へ、夢とロマンを追い求めて明治を生きた父祖の時代への思い、グリスと汗の匂いがしみこんだモーター屋の父のこと…。幼い日の思い出、少年の日の淡き夢??時は故郷の地を静かに流れる。

    ¥1,800
  • 4-938640-62-7

    原風景文集[第1巻 山の篇]

    故郷・栃木県の風景や風土を描いたエッセイ集。「暮らしの中に山が見える。山に見られて育ってきた」??日光・足尾・那須の山々、鬼怒川・那珂川・渡良瀬の流れ…。自らを育んだふるさとの山河への思いを、熱く綴る。

    ¥1,800