『聞き書き 保育者は語る 栃木の保育文化を拓く試み』(中村悦子)

978-4-88748-293-7

聞き書き 保育者は語る

(978-4-88748-293-7)

 

  栃木の保育文化を拓く試み

  中村悦子

語り手二十余名の息遣いから子どもたちと共に生きる教育者、保育者の奮闘ぶりが見えてくる。

 現在、少子化社会へ移行する中で子育て支援は喫緊の課題になっている。保育は、目の前の子どもたち、それは次世代を担う人々の育成であり、また子育てをする親たちなどの支援も期待されている。つまり保育の場は、地域の子育てを支えあう人々のセンターとして機能することである。そのためにも、この場の営みと重要さは、保育界を超えてもっと広く人々に知られなければならないだろう。ここに記された保育を担う人々の「語り」が、その一助となれたらと願う。(「おわりに」より)

A5判/上製/400頁/定価 本体3000円+税
ISBN 978-4-88748-293-7
2014年7月8日  第1刷発行 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥3,000(税別)
数量