『八月十五日のうた』(明良 佐藤)

978-4-88748-296-8

八月十五日のうた

(978-4-88748-296-8)

ずいそうしゃブックレット17

 

明良 佐藤

戦後に育つ子が伝える父・母・祖父母の戦争

戦後に育つ私たちは、どこから来て、どこへ向かうのか

日本の戦後と日本国憲法を考える

長編叙事詩「八月十五日のうた」。

表紙のコラージュは、部隊との行動が認められなかった日章旗。日章旗の中に記された激の中に「朝鮮人名」や「朝鮮神宮印」があるとの理由で、出動のとき持っていくことを許されなかった。  

A5判/並製/268頁/定価 本体1500円+税
ISBN 978-4-88748-296-8

2014年7月31日 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥1,500(税別)
数量