『ひぐらしの歌ごえ 昭和前期・矢板地方の歳時記物語』(鈴木 幸市)

978-4-88748-313-2

ひぐらしの歌ごえ

(978-4-88748-313-2)

 
   昭和前期・矢板地方の歳時記物語
   鈴木 幸市

 わら屋根の下には、いろりを囲む家族のくらしがあった。
昭和前期・栃木県矢板地方の農家のくらしを、農作業や通過儀礼、年中行事をとおして回顧する。
ここには、農村の原風景が広がっている。
本書については、昭和前期の農村の歳時記に焦点をあて、それにかかわる物語を加味し、魅力的な文体を書いてみようと考え、聞き取り調査やメモ取りを続けてきましたが、原稿作成までに十有余年が過ぎてしまいました。
そこで、人生米寿を迎えた私にとって、薄れがちな記憶をたどりながらも、昭和前期の世相を書きとめ、多少なりとも読者の皆さんの心の糧となればさいわいと思い、歳時記物語発行を考えました。(本文より)

A5判/上製/160頁/定価 本体926円+税
ISBN 978-4-88748-313-2
2015年12月1日 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥926(税別)
数量