『田中正造と足尾鉱毒事件研究 Vol.17』(渡良瀬川研究会 編)

978-4-88748-347-7

田中正造と足尾鉱毒事件研究 Vol.17

(978-4-88748-347-7)
 渡良瀬川研究会 編

 

論文「『谷中村の豊かさ』とは何か」(高際澄雄)、「田中正造の人権思想」(板橋文夫)、「谷中村にとっての田中正造」(赤上 剛)などを収録。
1978年の創刊号以来、地道な史料の発掘や検証、鋭い問題提起は、つねに正造研究をリードし続ける!

高際澄雄●「谷中村の豊かさ」とは何か

板橋文夫●田中正造の人権思想

赤上 剛●谷中村にとっての田中正造

岡屋紀子●館林の文化人と田中正造

増田利之●田中正造翁の魂の宿る学校

赤上 剛●<資料発掘>谷中村から日露戦争に出征した神原勘之丞の「答辞」など

板橋孝幸●渡良瀬川沿岸市町村の地域学習副読本にみる田中正造・足尾鉱毒事件

A5判/並製/152頁/定価 本体1300円+税
ISBN 978-4-88748-347-7 c0036
2017年10月17日 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥1,300(税別)
数量

関連商品

  • 978-4-88748-272-2

    田中正造と足尾鉱毒事件研究 Vol.16

    特集、田中正造没後100年。「足尾-福島 歴史に学ぶ意義」(菅井益郎)、「田中正造の没後100年を記念する意義」(小松 裕)、「田中正造没後100年3.11事件三年目の課題」(赤上 剛)を収録。

    ¥1,500
  • 978-4-88748-188-6

    田中正造と足尾鉱毒事件研究 Vol.15

    「田中正造と吉田東伍の交誼-利根川の南遷をめぐる」(布川 了)、「せめぎ合いの場としての谷中村」(牧原憲夫)、「『鴎村学舎』と栃木県明治期公私立中学」(板橋文夫)を収録。

    ¥1,300
  • 4-88748-146-2

    田中正造と足尾鉱毒事件研究14号

    特集は「田中正造と新井奥邃」(立松和平、小松裕、花崎皋平、工藤正三、コール・ダニエル、布川了、牧原憲夫)。布川了「田中正造の“三千余円の儲け”と“政治への発心”をめぐって」のほか、赤上剛「直訴論の再検討?“直訴=殺傷される”論批判?」、西成健「田中正造の経済思想・序説」など、5論文を収録。

    ¥1,500