「渡辺清絵日記」の世界

「渡辺清絵日記」の世界

(978-4-88748-412-2)

-明治・大正期 ある農民の記録-

中野英男 編著

100年以上前の絵日記につづられた、ある農民による日々の営み
100年以上前の栃木県塩谷群熟田村狹間田(現在のさくら市)に生きた渡辺清が遺した絵日記35冊から、農村部に生きた人たちの声が立ちのぼる。農作業や生活スタイルが大きく変わりつつあった明治後期から大正期にかけてのある農村部での日々を6つのテーマから読み解く。発行 さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館

A4判/並製/104頁/[定価]1100円(本体1000円+税10%)
ISBN 978-4-88748-412-2 C0039
2022年11月26日 第1刷発行

在庫状態 : 在庫有り
¥1,100(税込)
数量