『山と人を想い』(空 昌昭)
978-4-88748-236-4

 いつもやさしく迎えてくれる山があり、そして仲間がいた。
 秘境ラダックへの旅、鳥海山の自然への想い、英彦山と九州の山々、登山の腕をみがいた剣岳など、半世紀を超す山への情熱と心温まる友情の記録。
 英彦山修験者を祖に持つ著者の、山と人を通した自叙伝であり、秀逸なエッセイでもある。