『はじめまして 身近な野鳥のお話』(お話・志賀陽一/文 絵・川田裕美)
978-4-88748-181-7

「子どもたちに野鳥の素晴らしさや自然の大切さを楽しく伝えたい」。 そんな願いから、日本野鳥の会栃木県支部報「おおるり」の小中学生版付録として始まった「こるり」が、本になりました。庭先や公園で見ることができる身近な野鳥と自然とのつながりを、やさしい言葉と楽しい絵で表現した“野鳥のお話絵本”です。登場するのは、ツバメやヒバリ、オオルリ、カケスなど、身近に見ることのできる30種の野鳥です。