『岸辺に生う 人間・田中正造の生と死』(水樹涼子)
978-4-88748-258-6

苦しみ悩みながら生きる人間・正造の生涯に迫る。六角家事件、江刺県殺人疑獄から、自由民権運動を経て国会議員へ。そして足尾銅山との闘いは天皇直訴、谷中入村へとつづく。百年前に叫ばれた人権・平和・環境の思想が現代に甦る。没後100年記念出版。

『とちぎ綾織り 下野の歴史と伝説を訪ねて』(水樹涼子)
978-4-88748-186-2

懐かしい土の香り、そして人の温もり……。交錯する「時と場所」を縦糸・横糸に、自らの思いを斜めに織り込む斬新な試み。日光、下野薬師寺、録事尊など歴史の舞台を訪ね歩き、筆をとったエッセイ集。東京新聞栃木県版長期連載に、新たに書き下ろしも合わせ四六編を一冊にまとめた。

『聖なる衝動 小説・日光開山 勝道上人』(水樹涼子)
4-88748-135-7

幾多の苦難を克服し、ついに日光開山を成し遂げた勝道上人。すでに神格化された人物を、大胆な想像力で現代に甦らせた著者渾身の歴史小説。下野古代史の主役級の人物でありながら、その生涯は様々に伝説化され、未だに謎の多い勝道上人。彼の人が生涯をかけて追い求めた“神仏習合”という壮大な宇宙観の源泉はどこにあったのか。“空白の15年”とも言うべき、男体山初挑戦から登頂成功までの謎の期間に、いったい何処へ行き、誰に出会い、何を会得したのか。