あらゆるジャンルの出版にお応えします。

わかりやすい文章を書くために

1 「文章入門」に入る前に

悪文とは

どのような文章を指すのか

悪文とは、わかりにくい文章である。一読しても、再読、三読しても、その意味するところが分からないのは悪文と言ってよい。分かったようで分からない文章が悪文である。文章表現の根本は、何といっても意味が読み手に通じるかどうかにかかる。

文章を分かりにくくするのは、その文章の構造にある。特に主語が文の初めの方に出てこないものは、その典型だ。読む人が主語に出会うまで、この文章が何について述べたいのかわからない。

また、段落のない文章は読みにくい。段落を立てなかったということは、書き手がどれだけの事をどのような順序で書くのか全体の見通しがないまま、行き当たりばったりで書き始めた結果である。改行のしすぎは、逆に段落なしに等しい。文脈が細切れになってしまう。一文が長すぎる文章も言わんとすることが分かりにくくなる。判決文はその典型だ。

文章には音感をもつべきである。律動間や歯切れのよさを考えるべきであろう。「ました」や「ます」が毎回続く文章は、間延びした印象になってしまう。文の最後の終わり方を変えるだけで、文章にリズムがついてくる。

また、言葉の使い方ひとつで、文章は分かりやすくも、分かりにくくもする。一例をあげれば、読み手が何の予備知識もなく

太郎は次郎のように利口ではない。

という文章を読んだ場合、次の3つの解釈がなりたつ。

1 次郎は利口で、太郎はばかだ。

2 太郎も次郎と同じくばかだ。

3 太郎も次郎も利口だが、太郎の利口さは次郎に劣る。

(ここまで考える人はいないが)

これらを言いかえればこうなる。

1 太郎は次郎と違って利口ではない。

2 太郎は次郎と同様利口でない。

3 太郎は次郎ほどには利口でない。

文章を書いたことのない人はいない。日常では手紙、仕事上の報告書、学校での作文、卒論、筆記試験と枚挙に暇がない。コツさえつかめれば、誰でも分かりやすい文章は書けるものだ。

2 文章の組み立て方

 

……文章の書き方

(1)何のために書くのかを考える。(目的と対象、読み手への期待。自己確認のために書くのか、第三者に読んでもらうために書くのか。原稿の性格付けが必要。誰が読むのかをはっきりさせる。読み手を考えた文章構成になっているか。説明か、感想かによってその書き方は異なる)

(2)テーマを決める。(内容を考える。2年間の思い出を書くのか、今後の抱負を書くのか)

(3)書く内容を考える時間と、実際に書く時間に分ける(起承転結を構想し、書きたいことのストーリーを箇条書きにしてみる。内容の整理が重要。何をどう書くのかをはっきりさせた時点で書き始めるのがコツ)

(4)じょうずな文章を意識するよりも、分かりやすい文章に心がける。何を伝えたいか、知らせたいかを明確にする。読み手の反応を考えながら書く。自分で分かっていることは、省略しがちになるので注意。(「出張先では、雨が降っていたので調査できなかった」という文章では、中途半端。説得力に欠ける。大雨だったのか、台風だったのか、その状況を具体的に書く)

(5)専門用語や読み手にわかりにくい言葉は、文章の中で説明が必要。(特に地名などは、本人がわかっているだけで、読み手に分からない場合が多い。どこにある、どのような場所なのか)

(6)「これ」「それ」などの代名詞は多用せず、できるだけ具体的な言葉に置き換える。

(7)多用な意味を持つ動詞は、できるだけ言い換える。(新聞を「見る」のか「読む」のか。機械を「動かす」の場合、操作するのか、移動させるのかなどと多用な取り方がある)

(8)あいまいな形容詞、副詞は感覚的に使う場合以外は使わない。(高いビル、古い写真よりも具体的な階数や年代が分かった方が具体的で、読み手が理解しやすい)

(9)文章の中に登場する事柄で、あいまいなものは確かめること。実際にその場所に行くことや、第三者に聞くことが大切である。「歩く」「見る」「聞く」ことが、その内容の信憑性を高めることになる。わからないことをそのままにしない。記憶だけにたよらないこと。

※まず辞書、辞典を準備しよう。わからない漢字、意味はすぐ調べる習慣をつけよう。わかっているつもりは、文章を書く上で一番のマイナスだ。

(1)一文(センテンス)は、40字前後でまとめると読みやすい。

(2)一つの文の中では、一つの事柄だけを述べる。(一文ですべてを表現するのには無理がある。しかも、接続詞を用いて書き続けると前半と後半では、それぞれ別な事柄を言っている場合が多い)

(3)わかりやすい文章のポイント

(ア)一文をあまり長くしない。40字程度で。

(イ)一文の中で、接続詞を多用しない。「が」で、文章をつなげない。「が」を使いたくなったら文をいったん切る。

(ウ)主語、述語の関係に注意する。

(エ)語句の順序に注意する。(主語の位置、修飾語の位置など。書いた後、音読してみると文章がスムーズに流れているかが確認できる)

(4)「誰が」「いつ」「どこで」「何を」「なぜ」「どのように」という文章構成の基本をいつも念頭におく。また、最後に「だから、どうした」と考える習慣をつける。

(5)会話文は「 」でくくる。他人から言われた言葉で、強調したい場合も同じ。

(6)漢字、数字、送り仮名などは統一した表記にする。

(7)文体を「だ・である」調、「です・ます」調のどちらかに統一する。「 」で囲んだ会話などはその限りではない。

(8)引用文(日記・手紙・他人の文章)を用いるときは、自分の文章と完全に区別する。原稿用紙に書く場合(パソコンも同じ)は字下げして転載した方がよい。(2字程度)

(9)読点の使い方に注意すること。「、」を打つ場所を間違えるとその文章がまったく違った意味になってしまう。自分で書いていて分かりにくい場合は音読して、打つ場所を確認する。

例文として

警官は、バイクに乗って逃げた犯人を追った。

警官はバイクに乗って、逃げた犯人を追った。

(10)長い文章を書く場合は、内容が変わったところに小見出しを入れると読みやすくなる。

3 文章の見直し

(1)文章を書いたら必ず読み返す習慣をつける。誤字、脱字は読み返すことにより防ぐことができる。読み手の対象によっては、旧字、旧仮名にも気をつけた方がよい。

(2)読み返す場合は、時間を空けた方がよい。書き終わったばかりの時点では、客観的に判断しにくい。

(3)原稿用紙に書いた場合、その使い方があっているか確認する。「、」や「。」がいちばん上のマスに書いていないか。「 」と文字を同じマスに書いていないか。段落を変えたとき文頭をひとマス空けているかなど。

(4)ひとつの文の中に、同じ意味の語句が重複していないかを確認する。(「7日の日」「約50名ほど」「犯罪を犯す」など)

(5)パソコンで原稿を書くときの注意点。パソコンを用いる場合は、変換ミスの同音異義語が多発する。また、日常的に使わない漢字を多用してしまう傾向が強い。編集の仕事をしていると、果たしてこの人はこの漢字を実際に使っているのかと疑うことがある。表現方法は書き手の人格そのものであることをお忘れなく。読み手に違和感をもたれないようにすることも大切だ。

同音異義語の例として

○ほしょう(保証書、安全保障、損害補償)

○ぜったい(絶対多数、絶体絶命)

○とくちょう(特長と欠点、特徴的な顔)

○げんけい(原形をとどめる、車の原型、現形を示す)

○たいしょう(調査の対象、原文と対照する、対称図形)

○ようけん(成功の用件、要件を聞く)

4 最後に

文章とは人間の知恵によって生まれた「伝える」「記録する」ための手段である。古代の記録は人間が、口づてに語り伝える口承伝承だった。人間の知恵の進歩によって、意思を伝える手段が誕生する。かつては記号や縄の結び方などの表現方法を用い、互いの意思を交換するとともに記憶の助けとした。やがて記号の進化により体系的な文字が誕生すると、文字を書き残す材料として、皮や骨、木や竹などが用いられるようになった。メソポタミアでは粘土に、エジプトではパピルスが用いられた。89?105年ごろ中国で木皮、麻くず、ぼろなどの植物繊維を原料にして、今日のいうところの「紙」が発明された。日本にこの技術が伝えられたのは推古天皇の時代(610年)ころといわれる。

文字を表す手段として、紙とともに古今東西で進化していったのが筆記具である。筆と墨とすずりしかり、インクと羽ペンしかりである。パソコンも進化を遂げた筆記具だといえよう。筆記具は文化のシンボルだ。

情報としての新聞は反復の文化である。野球の結果はテレビの実況中継で分かっていても、朝刊で確認する人が多い。本を読む人は少なくなっているが、以前より文字を読む人は増えているような気がする。それは、パソコンや携帯電話のメールで、文字が身近になったからだ。文字離れをしていた若年層に歯止めがかかったのではないかと思う。ただし、文章となっているかは疑問だが。文字はいつでもどこでも自分自身で確認できる。テレビ、ラジオを代表とする電波はリアルタイムだが、通過していく文化である。考える間もないほど展開が早い。それは、考える瞬間を第3者に全てを委ねているからだ。インターネットは、情報過多。真実を読み取る目をもつべきだ。辞書として使うなら有効な手段である。携帯電話のメールは、文字文化の新しい形である。昔でいうペンフレンドであろう。いずれにしても文字によって構成される文章は、書く手段(ペンからパソコン、携帯電話)が変わっていっても永遠に消えることはない。

文字は、人間の科学そのものである。伝え、確認する人間だけが持つ文化である。携帯電話などの通信手段も科学の進歩であるが、長年にわたって人間が培ってきた文字をもっと活用し、大切にしていきたいものだ。

随想舎 宇都宮市本町10番3号 TEL 028-616-6605 受付時間 9時-17時

PAGETOP
Copyright © zuisousha All Rights Reserved.